Ethical fashion collection "エシコレ" 2016
By SETOWAKI's 横山ゼミエシカル班 Follow | Public

関西大学商学部主催!
2016年12月11日にエシカルをコンセプトにファッションショーを開催します!!

関西大学商学部の学生で作る我々のチーム“setowaki´s”は、良識にかなって生産、流通されているファッションを通じて社会全体に還元するという「エシカル・ファッション」という概念を、より一層関西で広めるために学生主体の「エシカル・ファッションショー」を開催することを目的とした学生団体です。

”エシカル”とはオーガニックやフェアトレード、リサイクルを含む包括的な考え方で、環境や動物、人に考慮されたモノづくりのことを指します。これだけにとどまらず、生産者の雇用や安全対策など様々な考えを内包したこの崇高な理念に、我々は大学のゼミ活動の一環として社会問題を取り上げた際に出会いました。

私たちの生活が豊かになる一方で、「エシカル」という考え方は日本では企業にもそして世間、消費者にも未だ浸透しておりません。
私たちはエシカルという考え方、またその問題に取り組む企業、団体のことをより多くの人に知ってもらいたいと思い、まずはファッションショーという切り口で関西へ広めようと考えています。

様々あるエシカルを構成する中で、恐らく一番取り上げられることの多い考え方に「フェアトレード」があります。
実は、アジアで初めてフェアトレード・シティに認定されたのは熊本県でした。それに続いた名古屋では現在「エシカル」という取り組みが注目されており、大いに盛り上がりを見せています。
しかしながら、関西に目を移したとき、「エシカル・ファッション」の盛り上がりはあまり感じられません。
環境問題、社会問題に取り組むブランドの流れは確かに日本に上陸しています。ですが、それはあくまで東京、名古屋に限った話。
明治時代から繊維産業で栄えた大阪、伝統と格式ある織物の産地京都、古来より港湾が開かれ多くの外国文化が流入した神戸を抱える地域でありながらも、英国ロンドンで生まれたその先進的な理念の認知度は、残念ながら低いのではないでしょうか。

そのような状況を打開するため、また大学生が同世代にアピールする場を考えたとき、ひらめいたのが学生主体での
「エシカル・ファッションショー」の開催でした。

2016年12月11日、大阪の中心、梅田からはじまる。